販売中の詩集は「BASE」にてご購入戴けます。

ご購入はこちら




詩画集 『 恋患い 』

(2021年)

恋患いイメージ



卓上イメージ

リング製本なので、お好きなページを開き、
卓上カレンダーのように飾ってお楽しみ戴けます。


 

A5判ヨコ型/42P/定価2,200円
発行/art Truth 西海由利
画/上野謙介
詩・編集・制作/夏瞳




第六詩集 『 Pale Blue Dot 』

(2019年)

paleイメージ



二冊イメージ

前作『灑涙雨』の続編となる詩集です。
単独でもお楽しみ戴けます。


B6判/120P/定価1,650円
発行/art Truth 西海由利
編集・制作/Editorial Airplane 和泉昇
装画/川島愛ゐ(如月愛)



第五詩集 『 灑涙雨 』 sairuiu

(2016年)
灑涙雨イメージ


そこには、対極なるものを包摂して高次な世界観を構築していこうとする意思が見え隠れしていて、 読み進むうちに、得体のしれない大きな渦のなかに巻き込まれていくような戸惑いもあるが、 その渦の向こうに、かつて般若心経を数学の論理で読み解こうとしていたころのなつかしい自分を見たような気がした。 矛盾に矛盾を重ねて絶対肯定を目指す心象世界である。

「夏 瞳 詩集『灑涙雨』に寄せて」より
佐治晴夫・宇宙物理学者



イメージ

灑涙雨(さいるいう)とは、七夕に降る雨のこと。
この詩集には、帯もノンブルもありません。
美意識と、自由。
表紙カバーを外すと、
銀に輝く「sairuiu」が贅沢に顔を出します。
見えない場所に光を。心の中に光を。


B6判/96P/定価1,650円
表紙写真(放散虫)/酒井豊三郎 相田吉昭(宇都宮大学)
発行/如月出版 編集・制作/Editorial Airplane
ISBN978-4-901850-50-6


※たくさんの感想を戴いております※
灑涙雨の感想ページはこちらへ。




第四詩集「アンモナイトにぶら下がる失恋の涙」(2007年)
発行/パレード 発売/星雲社 四六判変形型 80P 定価1,100円
ISBN978-4-434-10481-7

第三詩集「悲しき熱帯魚彼と彼女の独り言」(1997年)
文芸社 B6判 120P 定価1,100円
ISBN4-88737-029-6

第ニ詩集「海」(1996年)
鳥影社 B6判 120P 定価1,100円
ISBN4-88629-081-7

第一詩集「眩しい太陽の下であの人を待っていた」(1994年)
新風舎 B6判 80P 定価1,430円
ISBN4-88306-237-6




詳細などご不明な点は、
下記までメールにてお問い合わせください。

MAIL TO : poet.natsu@gmail.com







top