最後の恋の



536,112,000秒の時が
与えられた
わたしがあなたのために
命を宿すまで

瞳が出来るまで
爪が伸びるまで
髪が生えるまで
声を出せるまで

随分と待たせてしまった
世界に生まれ落ちてからも ずっと

随分と
待ってもいたんだ
私は私を抱き締めることしか知らなかった


最後の恋の
その先にあるもの

なんてない

最後の恋は
私達で終わる




戻る