自動車販売(新車・中古車)、カーリース、車検整備、故障修理、鈑金塗装、自動車保険などクルマのトータルサポートステーション
国土交通省九州陸運局指定民間車検工場 軽自動車、乗用車からバン・中型トラックまで国産車、輸入車を幅広くサポートします。
有限会社岩元自動車ホームページへようこそ!
(社)福岡県自動車整備振興会「車検は許可された工場で」
▼メニュー

トップページ
会社案内
整備・メンテナンス
ザーレンオイル
カーボンクリーン
エアコンクリーニング
車両販売
マイカーリース
損害保険
プライバシーポリシー





ボッシュ・オート・ショップ(BAS)
ボッシュ・オート・ショップ
民間車検工場
有限会社岩元自動車
〒831-0004
福岡県大川市榎津168-2

Tel:0944-88-0202
Fax:0944-88-0204

 0944-88-0202
営業時間: 8:30〜18:00
店 休 日 : 日曜、祝祭日

サービスエリア
大川市、柳川市、みやま市、大木町
久留米市、筑後市、佐賀市、神崎市
城島町、三潴町、大牟田市、八女市
近郊




車検整備・定期点検

定期点検の必要性
 自動車の性能や耐久性がいくら向上しても、日頃の点検、整備の必要性がなくなったわけではなく、使用していく過程で構成部品の磨耗や劣化は進行していきます。
 自動車を安全で快適に使用するためには、自動車本来の性能を維持することが必要です。

 日頃の保守管理を怠り、部品の磨耗や劣化が進行すると自動車の故障につながり、ひいては重大な交通事故や交通渋滞の原因となり、また、有害な排気ガスによる大気汚染は健康への被害や地球環境の悪化につながるなど、自動車使用者は、被害者にも加害者にもなりえます。
 これらは、近年メディア等で報道された大型自動車の脱輪事故はもちろん、その他の乗用車や二輪車等でも起こりうる事故なのです。

 このため、お車を常に健康な状態に保つために有効な手段として、定期的に点検、整備を行い、故障箇所を早期発見し、また、外観や普段運転しているだけでは解らない内部の部品の摩耗や劣化状態を把握して、いつでも安心して乗れるようにチェックしましょう。

点検整備料金のご説明
 自動車の定期点検整備の料金は、整備料、部品代、税金等経費が一緒になり解りにくいものです。車検整備の料金は次のような構成になっています。
1  基本点検技術料 国で定める定期点検項目を点検し、お車の健康状態をチェックするための料金です。
2  整備技術料 定期点検を実施して結果、お客様のお車が国の定める保安基準に適合しない、もしくはその恐れがある場合、当該箇所を整備するため、および別途お客様から依頼のあった整備を実施するための技術料金です。
3  部品、油脂代 点検して見つかった異常個所を整備する場合や、お客様より依頼された整備を実施するなど、お車を点検、整備するために必要な部品、油脂類の料金です。
4  保安確認検査料 お客様のお車が、国の定める保安基準に適合しているかを、各種検査機器等を使用して確認する最終チェックおよび車検証の記載事項と車両の同一性の確認等を行うための料金です。
5  検査代行手数料 お客様に代わって運輸支局等に出向き、車検証(自動車検査証)の更新手続きを行うための料金です。
6  下廻り洗浄料 より正確な点検および整備を実施するための準備として、エンジン、下廻りの汚れを洗浄するための料金です。<オプション作業>
7  下廻り塗装料 車の下廻りは常に厳しい環境にさらされており、走行条件や環境によっては、傷付いたり腐食する可能性があり、特に降雪地域では、凍結防止剤散布による腐食が懸念されることから、これらを防止するための塗装料金です。<オプション作業>
8  諸費用 車検時には、点検、整備料金の他に税金等の諸経費が必要になります。

お知らせ H22年4月1日より重量税が改正されました。18年経過車以外は安くなってます。
諸費用の一例
車両重量:1トン超1.5トン以下(エコカー以外)
自家用乗用・小型自動車の場合の諸費用                                     平成30年4月現在
@ 自動車重量税 車検時に国へ納める税金

 24,600円(2年)
A 自賠責保険料 自動車使用者が必ず入らなければならない、法律で定まられている強制保険の保険料  25,830円(24か月)
 
*本土用
B 検査手数料 検査を受け、自動車検査証の更新を受けるために国や自動車検査独立行政法人へ納める手数料  持込:1,700円
 指定:1,200円
車検整備料金のご案内

Copyright(C) 1995-2018(U.K)Iwamotojidousya.All Right Reserve